巻き爪治療法比較

巻き爪治療法比較

これまでの巻き爪の治療方法は、大方手術だったようです。
しかし、ネットなどでは最近接骨院、シューフィッターなどでも巻き爪治療を行うようになっています。
但し、外科的な手術は免許のうえからも行うことができません。
では、どうしているのかというと巻き爪を上側から接着剤やワイヤーなどを付けて、爪を上に引っ張る方法です。

 

つまり、ここでお勧めしている巻き爪治療法をめんどくさくしたものです。⇒ こちらは簡便な自分で出来る簡単な巻き爪治療巻き爪矯正

手術による巻き爪治療

これまで巻き爪というと、手術をすれば永久に完全に治ってしまう気がしますが、
この手術は日本ばかりでなく世界中で同じような方法で行われています。
しかし残念ながら、手術では爪の形を本来の滑らかな曲線にすることができません。

 

現在でも、数多くの医師がこの手術を行っていますが、
当事者たちも「この手術は見た目には問題が残る」つまり、見た目が悪くなるといいます。

 

しかし、いろいろ調べて見ると、本当は見た目ばかりでなく、爪の幅が狭くなるなどの問題もあるようです。

 

爪の幅が狭くなると指先にかかる力を分散できないので指先が細くなることになります。
こうなると充分に力が良く伝わらなくて「足の踏ん張りが弱くなる」と言われます。

 

最新の巻き爪治療方法巻き爪矯正

その他の巻き爪治療法の比較

ワイヤー法というのがありますが、巻き爪ブロック巻き爪矯正もその一つです。

 

この巻き爪ブロックは一人で簡単にとりつけられますが、病院や治療院、あるいは靴のシューフィッターなどが行っている方法は
もうちょっと煩雑で、一人ではできない手順と用具です。実はこの違いは以下の点にあります。

 

それがワイヤーをコイルのように横に巻いている形状を採用した事です。
こうした事で、ばねの強度を保ちながら、上下には厚みを出さないようになりました。

 

そのメリットは、

  • 一人で取り付けられる
  • 靴や靴下を履いても、違和感がない ということに結び付いたわけです。

こうなると見た目も、行動の制約もなく、夏でも冬でも一年中、巻き爪治療を続けることが出来ます。
もちろん早い人は数カ月で完璧に戻ります。
非常に重度の人でも、長く続けつことで効果が出てきます。

 

何より病院などにわざわざ通院したりする時間がいりません。
また、手軽に通販などで手に入れることができて、直ぐにでも始めることが出来ます。
巻き爪ブロックならワイヤーの幅なども9種類から選ぶことが出来て、あなたの指幅にフィットします。

 

巻き爪ブロック巻き爪矯正